HOME > 冊子を作るには > 加工について

折り加工

二つ折り
印刷物に一箇所折り目をつけて二つ折りにします。
基本的に中央で折りますが、少しずらすことも可能です。
内三つ折り
印刷物に二箇所折り目をつけて、巻き込むように折ります。
内側に入る面は紙の厚みがあるため、2,3mm短くなります。
外三つ折り
印刷物に二箇所折り目をつけて、Z字型に折ります。
巻き四つ折り
二つ折りの後、そのまま同じ方向に折ります。

穴あけ

穴あけ

伝票などに穴を開け、ファイリングしやすいようにします。

  • 穴あけ
    1穴から可能で、直径3ミリ穴から最大8ミリまでのパンチ穴を開けることが出来ます。
  • 多穴あけ
    30穴、26穴などルーズリーフのように穴を開けることが出来ます。ファイルや紐で通す必要がある伝票、紙に適しています。

スジ付け

スジ付け

厚手の印刷物を手で折りやすいように折りスジを付け、折り目を入れて紙を曲がりやすくする加工です。
本を開きやすくします。背割れをめだたなくする役目もあります。

ミシン目入れ

ミシン目入れ

一部分をちぎることの出来るように切れ目を入れることができ、
チケットや、応募用紙、振込用紙などに適しています。
間隔をあけてミシン目を入れること(ジャンプミシン)にも対応しています。

角丸

角丸

印刷物の角を丸く切り落とします。

ナンバリング

ナンバリング

印刷物に通し番号を入れます。

伝票やチケットによく使用されます。

クリアPP貼り(光沢あり)

クリアPP貼り(光沢あり)

印刷物にフィルムを圧着することで、印刷面を鮮やかにし、丈夫になります。通常ツヤ・光沢のある仕上がりになります(クリアPP)。

ツヤ消しの仕上がりになるマットPPもあります。

箔押し(金)(銀)

箔押し(金)(銀)

金・銀など色箔を熱と圧力で印刷物に転写する加工です。

天のり、横のり

伝票やレポート用紙、メモ帳など、用紙を一枚ずつはがして使用する場合に適しています。