HOME > 冊子を作るには > 紙の種類

紙の種類について

コート紙

コート紙とは上・中質紙の表面に塗料をコーティングしている紙です。光沢があり、インクののりがよく着色効果が高いのが特徴です。コート紙はアート紙より塗料が少なく安価ですが、中でも上質コート紙はアート紙と同様に本の表紙やカタログ・ポスターなどに使われています。

用紙の印象
光沢があり表面の平滑度が高くインクののりがよい用紙です。
用途
写真集・雑誌の表紙・ポスター・カレンダー・カタログ・新聞折込みチラシ等
印刷
平滑度が高く着色効果が高いので、印刷の彩度は高く鮮やかです。

マット紙

上質紙の表面につや消しのためのコーティングが施されている光沢のない印刷用紙です。

用紙の印象
光沢が抑えられており、多少厚手に感じる品の良い用紙です。
平滑度(平らでなめらかさはコート紙より劣ります。)
用途
写真集・ポスター・カレンダー・カタログ等
つや消しなので上品な印象になります。また、長時間見ていても目が疲れづらいという特徴があります。
印刷
マット紙は光沢を抑えているので、印刷の彩度は高くなく落ち着いた印象の印刷になります。
注意点
マット紙は他の光沢紙と比べ耐摩性に弱く、断裁面に多少インクが写る場合があります。そのため端まで濃い色が占めるデザインにはお勧め致しません。

上質紙

上質紙とは原料を化学パルプ100%にて製造された用紙のことです。塗料は塗布されていません。
この上質紙を加工してアート紙やコート紙、マット紙などになります。また、元の紙に色が入ったものは色上質紙と呼ばれます。

用紙の印象
上質紙は、塗料が塗布されていないため表面に光沢や艶が少ない用紙です。
塗料がない分、紙の表面のパルプの成分が多いため、多少厚手になります。
用途
書籍・広報誌・会報・カタログ・チラシ・ポスター・カレンダー・コピー用紙等
印刷
上質紙は平滑度が低いため、インクが沈んだような落ち着いた感じで印刷されます。また、インクがにじみやすく、高精細の4色カラーの印刷には向かないため、主に単色印刷で使用されます。

紙の厚さについて

代表的な用紙の厚さ(重さ)について掲載しています。

コート紙

四六判連量(kg) 135 110 90 73 68 63
菊判連量(kg) 93.5 76.5 62.5 50.5 47.0 43.5
A判連量(kg) 86.5 70.5 57.5 46.5 43.5 40.5
米坪量(g/m2 157.0 127.9 104.7 84.9 79.1 73.3

マット紙・上質紙

四六判連量(kg) 135 110 90 70 55 45
菊判連量(kg) 93.5 76.5 62.5 48.5 38.0 31.0
A判連量(kg) 86.5 70.5 57.5 44.5 35.0 28.5
米坪量(g/m2 157.0 127.9 104.7 81.5 64.0 52.3

紙の厚さによる印刷・製本の注意点

紙が厚い場合
製本の際、折り工程で事前にスジを入れないと背割れが発生する可能性があります。また、インクの乾きが悪いため印刷後すぐに製本工程に移れない場合があります。
紙が薄い場合
紙が薄くなると、製本の際、折りなどの加工作業全般が難しくなることが多く、ベタの多い印刷の場合は、印刷面が裏に透けて見えることがありますのでお勧めいたしません。